top of page
検索
  • 執筆者の写真zakura

4/6(thu)~4/8(sat)   五十嵐ソフィー さよ(う)なら展

zakuraでは4月6日(木)~4/8(土)まで、モデルとして活動を続けながら、「ことば遊び」という易しくて、自由な詩のカタチを探求し作品を発表を続けている五十嵐ソフィーの「さよ(う)なら」展を開催します。

五十嵐ソフィーのことば遊びは軽やかでユニーク、彼女の等身大がそのまま言葉へ変換したかのように自然体です。

意識は言葉のみならず、見せ方も配色、配置、文字組などのバランスが美しくアーティスティックな作品となっています。

この機会にぜひ五十嵐ソフィーの言葉の世界へ遊びにいらしてください。

皆様のご来場おまちしております。


五十嵐ソフィー「さよ(う)なら」展

会期4/6(thu)~4/8(sat)

時間:12:00〜20:00 (最終日は17時まで)

会場:zakura 〒150-0033 東京都渋谷区桜丘町14-5-103

お問い合わせ:info@zakura.tokyo


<紹介文>


わたしたちはずっと、知らないふりをしてきた

永遠がないことを

料理が下手くそだったことを

愛が薄れていることを

わたしの肌から知らないだれかの匂いがすることを あなたの手が去年より骨ばっていることを

ふたりで食べるみかんが美味しくないことを

今年はあたりが悪いねと苦笑するあなたを

世界が割れていくことを

地球が暑くなりすぎていることを

どこかのだれかが死んでしまったニュースを

味のしないキスを

繋いでもつめたいままの指先を

きちんとさようならができないことを

さよならばかりが得意になっていくことを

わたしたちは今も、知らないふりをしている

わたしたちはあまりにさようならに不慣れで

あまりにたくさんのさよならをまとい

さよ(う)ならを交わしている

その括弧のなかを、ほんの少し覗くことができたなら


<五⼗嵐ソフィー プロフィール>


1999 年4 ⽉29 ⽇⽣まれ。福井県出⾝。

⽴教⼤学映像⾝体学科卒業。

卒業制作として脚本・共同監督を務め、

⻑編映画『いつか消えていく僕たちを』を撮影。

現在はモデル活動の傍ら「消えゆくものたちと私の関係」

をテーマに、詩作に励む。

(インスタグラム #ソフィ⼦のことば遊び に過去作品を掲載)

maco marets『Nagi (feat. ggoyle)』mv(ウエダマサキ監督)

には執筆した詩が登場している。

Instagram : @sophi_igarashi






閲覧数:338回0件のコメント
bottom of page